トップ  >  コンサート案内  >  アコーディオンの女王 御喜美江さんの「平均律クラヴィーア曲集 第1巻、第2巻より」

アコーディオンの女王 御喜美江さんの「平均律クラヴィーア曲集 第1巻、第2巻より」

2017年07月21日

御喜美江さんの演奏により2016年10月に録音された
J.S.バッハ「平均律クラヴィーア曲集 第1巻、第2巻より」のCDを
聴きながら書いています。

御喜美江さんがアコーディオンでバッハの平均律を弾こうと思い立たれてから
CD録音に達するまで5年の歳月を要したというこの1枚。
「指は譜面の音を正確に弾いているけれど、自分の演奏に納得も満足も全くできない」
「5年間頑張ってみたけど、これをもってお別れしましょう」と思われた時もあったと
ライナーノーツにありますが、その迷いの霧を突き抜け
「数限りなくたはさんの美しさ、驚き、魔力、冒険が隠されていて弾けば弾くほど
新しい発見が絶えない」と語る演奏は、
ときに重厚で時に軽やか。
スウェーデンのレンナ教会で録音されたという美しい響きは
9月17日(日)、戸畑市民会館大ホールでは
どのように響くのでしょう。
楽しみです。
スポンサーサイト

トップページへ戻る | 本日は7月14日(金)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム