FC2ブログ

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  事務局員Iのつぶやき  >  三浦一馬さん、すごかった!!

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次の例会と次の次の例会のこと | トップページへ戻る | 三浦一馬さん…すごいらしい

このページのトップに戻る

三浦一馬さん、すごかった!!

2012年02月25日

23日、雨もやみ、春めいてきた宵に
北九州での『三浦一馬 バンドネオン・リサイタル』が
開催されました

スラリとスリムで背の高い三浦さん
21歳という若々しさのままに
透明感と躍動感に溢れる演奏を
聞かせてくださいました

今回のシリーズで初顔合わせとの
ピアニストの松本和将さんとの息もぴったり
バンドネオンとピアノだけでは、
『リベル・タンゴ』は無理よねぇ…と
勝手に考えていた私の予想などなんのその
アンコールで、すばらしい『リベル・タンゴ』も
聞かせてくれました

第一部は、バッハのコラール(讃美歌)から静かに始まり
「タンゴ」だけではないバンドネオンの魅力を
教えてもらいました

三浦さんのMCによると、
バンドネオンという楽器は
後にアルゼンチンタンゴで多用されることになるけれど、
もともとドイツで開発され、宗教曲などに使われていたとのこと

パイプオルガンのような重厚な響きが
ホールを満たしました

ちなみに、三浦さんもピアニストの松本さんも
戸畑市民会館大ホールを
「素晴しいホール!!」と大絶賛
「またここで演奏したい」との感想をいただきました

そして、第2部のピアソラから
アンコールへと一気に
音楽が熱を帯びながら、駆け抜けていきました

アンコールは、前述の『リベルタンゴ』の前に
ガーシュインの『ラプソディー・イン・ブルー』も
リハーサル中の遊びのようなセッションの中から
「お、これ、行けるねぇ」と
お二人でアンコール曲に選んだという一曲
すばらしかったです

舞台ではMCも含めなかなか大人っぽい三浦さんですが
少年のような(ヒャー、月並みすぎる表現ですが…)笑顔が
爽やかで、優しく、礼儀正しい
ホントに好青年でした
三浦さんのますますの活躍に声援を送りたいと思います
スポンサーサイト

次の例会と次の次の例会のこと | トップページへ戻る | 三浦一馬さん…すごいらしい

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。